2019年02月15日

娘のスキー授業が終わりました。

運動が苦手な娘。
スキー授業もちょっと苦戦していましたが、無事に今年のスキー授業が終わりました。

終わってみると、「楽しかったあ、来年はリフト乗るから、練習しなくちゃ」と、
来年のスキー授業を楽しみにしていました

そして、スキー授業初日に発覚した…
筋力がなさすぎて、転んで立ち上がれなかった娘…
繰り返いしていくうちに立ち上がれるようになったようです。
体の使い方が分かったのか1度できるようになったらスムーズにできるように
なったようです。
学校のグランドの雪山なので、距離も短く少々物足りなかった娘。
来年は授業でスキー場に行ってリフトにも乗るようです。


運動が苦手な娘、けれど授業を通してスキーも好きになったようです
何事も経験だな~と思いました。

共働きで時間も作ってあげられないでいます。
春になったらきるだけ子供たちに経験をさせてあげたい
娘だけでなく双子息子たちにも。

早く春になってほしいです
posted by ポポママ at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

ヘアカットデビューの双子。一気にイケメンになりました。

双子息子たち、初めてのヘアカットに行ってきました。
場所は私がいつも行っている個室の完全予約制。
ここなら少しくらい騒いでもきになりません

美容室に入ると二人して…「くっさ~~。臭い、臭い」と連呼
カラーリング剤やパーマ液の匂いがでしょうか、私にはアロマに感じましたが、
子供たちにとっては未知の香り…
思ったことを口に出して大騒ぎ

美容師さんは私より少し年下でお子さんはいないけれど、とても子供の扱いが
上手で、子供の気持ちを持ち上げつつテキパキとカットが進められていきます。

20190211_100426.jpg20190211_103708.jpg20190211_105030.jpg

髪を切るときヘアピンを止めると「女の子なっちゃった~」といっていましたが、
二人とも割と大人しくカットされていました。
双子弟は突然立ちだすことあってちょっと冷や冷やでしたが…
そして、先にカットが終わった弟は飽きてしまってクルクル回る椅子に乗ってクルクル。

二人ともちょっとすましてポーズをとっていました。

20190211_172403.jpg
初めての美容室でのヘアカット
幼児価格で一人1000円。とっても丁寧にカットしてくれて、安心の個室。
これからは、自宅でのカットはやめて、美容室でやってもらおうと思います。
自宅だと、髪の毛の処理も大変だしなんといっても、かっこいい。
親バカですが、さらにさらに、イケメンになった二人
もっと早く来れば良かった~
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

来月で5歳の双子。5歳検診ではなく5歳発達相談を受ける予定です。

来月で5歳になる我が家の双子男子
去年からいろいろと考えることもあって、5歳の発達検査を受ける予定をしています。
そして、事前に5歳検診のセルフチェック表が送られてきました。

子供の体の発達は保育園でも見ているし、特別小さくも太ってもないので通常の検診ではなく
コミュニケーション面や社会性といったところでの心理士さんによる発達相談を受けます。

双子たち、すっごく育てにくいとか困るとかはありませんが、子供3人もいるのでそれなりに
大変さがあります小学2年生の娘はほとんど手がかかりませんが…。

そして、今から3年前2歳から3歳にかけて本当に大変な時期があり、その時の記憶はほぼく、
このブログを読み返して、大変だったと思い出しています。
大変すぎて、その大変さにも気が付けず、身も心もボロボロに…
3歳検診で心理士さんに相談し2人を見てもらいました。

関連記事

この時、3歳にしては少し幼い、その場の状況に慣れるのに少し時間がかかると言われました。
けれど、双子で親の注目を集めたい、これから先も癇癪が強くなるとか育てにくいとかあれば
また、相談に来てくださいということで、大きな問題ではないとのことでした

それから、2年…
確かに癇癪は以前より減っているし、すっごく育てにくい、ということはありません…
ただ、気になることもいくつか…。
小学入学まで1年と少し…だんだんと心配が大きくなるので、5歳発達相談を受けることにしました。

保育園では友達とのトラブルがあるわけでもなく、特別何か指摘を受けたことはありません。

双子なので常に2人でいることも多く、特に弟は自由人なので自分のことを兄にやってもらったり、
保育園での様子を聞いても「うーくん(兄)に聞いて」と、なんだかつかみどころがない感じです。

娘が保育園時代は、よく読み聞かせもさせていたし絵を一緒に書いたりと手をかけていました。
けれど、双子にはほとんど読み聞かせをすることも家で絵をかくとかそういったこともほとんど
やっていません。
ある意味放任で子供たちで自由に遊んでいる感じ…仕事からかえったらTV三昧でもります。

そんな状況なので、落ち着きがなかったり、集中力がないのは仕方ないのかな…なんて
安易に考えていましたが、さすがにあと1年で小学校入学…
真剣に取り組まねば~と思いった次第です。

posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

小学2年生のお手伝い、我が家の場合。

小学2年生の娘。基本しっかり者で、学校でも怒られるようなこともなく
過ごしております…そんな娘の家でのお手伝いについて少し考えております。

私のお友達、小学5年、2年、4歳の3姉妹のママで、小学5年生の娘ちゃんたちのお手伝い。
お手伝い内容にびっくりです。


お風呂掃除に始まり、トイレ掃除、ゴミ出し、洗い物、洗濯物干し、ごはん係(何か1品)と
いう、ほとんどの家事を手伝っていることに驚きです。
そして、最近はお風呂掃除、洗い物、ごみ出し、ごはん係は月曜日から日曜日まですべて
子供たちやることにしたそうで、一覧表まで作っているそうです。トイレ掃除も1日おき、
土日はほとんどの家事をお手伝いしているお子さんたち。

すばらしい、子供たちには家事力が付くし、忍耐力や継続することが学べる、そしてなにより、
母も助かる

ただ、このお手伝いを習慣づけるまでが大変なのです。

我が家の場合…同じく小学2年の娘がいますが…責任をもってやっているお手伝いは一つ
もありません

娘が3歳、4歳くらいの時にお手伝いをしたがったと気がありました。
その時はやりたがっていたお料理をちょこちょこ手伝ってもらいました。手伝ってもらうと
言っても、やりたいだけのことをやっているので、包丁をもってキュウリを切るとか、
お肉を炒めるとか…
けど、基本ができていないし、ただやりたいだけの状態でのお手伝いという名の、遊びなので
私が大変でした…
ただただ、忍耐忍耐で接していました。
けれど、双子も大きくなりそんな様子をみると同じようにやりたがる…もちろん無理です。

私の忍耐にも限界が~
一切台所でのお手伝いという名の遊びをやめました


けれど、友達のお子さんたちがやっているお手伝い内容を聞いて愕然…
しっかり親が導けばできるんですよね~少し、努力すれば日々の家事が楽になることは確か。

最近、意識してやってもらっていることは、
①食べた茶碗を下げる
②脱いだ服を洗濯機にもっていく
③テーブルを拭く

…当たり前すぎることでこれをお手伝いと言えるものかと、思いますが。
たったこれだけでもやってもらえれば助かります。
まだ定着していません、言わないとやってくれません。なのでお手伝いというより、
日常生活の当たり前のことではありますが、これから少しづつお手伝いの幅を広げていこう
と思います。

洗濯物をを畳んでしまう、これが一番結果もあって分かりやすいかもしれません。


定着させるためには、子供のルーチンにさせる。ただ、平日は学校、児童クラブと帰宅も
遅いので休日のみ洗濯物畳をやってもらうことにしようかと思います。
やり方がのんびりでも、雑でもとりあえずやってくれたことに感謝して褒めて、続けられ
るよう忍耐でサポートしようと思っています。

私の家事が少しでも楽になるように~~
posted by ポポママ at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

感染性胃腸炎、やっと収束しました。連休ですがひっそり。

やっと子供たちの感染性胃腸炎が収束しました…
3人が数日おきに感染したのでおよそ10日間…長かった
子供が嘔吐するのを見るのって本当につらい。実際につらいのは子供たちですが…。

食べられるものも限られていたので、みかんの缶詰でゼリーを大量に作っておきました。

私と旦那さんはどうにか感染は免れたかな…。と言っても明日あたり、どちらかがダウンと
いうことだけは避けたい。

北海道三連休は大寒波だし、子供たちも病み上がりなので家でひっそりしています。
と言っても、一番先に胃腸炎になった双子弟たちが外遊びをしたいと…
甥っ子もきて、家の前で雪合戦をしていました。

子供が健康で遊べることが本当にうれしい
連休ですが自宅前で遊ぶ程度でひっそりしています。

扁桃腺の手術をしたからといって、胃腸炎やインフルエンザといった感染は防げないので、
まだまだ油断はできません。


posted by ポポママ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

今後の仕事についての決断。

悩みに悩んだ、私の仕事について。


やっと結論というか決断しました。


いろいろな不安はあるけれど、もう一度仕事を続けながら育児もやっていこうと決めました。

仕事を続けようと思えたことにはいくつかの理由があります。

まず1つ目は、職場の転勤が決まったことがあります
自宅から車で20分ほどの職場へ4月から転勤することになりました。
今までは、1時間以上も通勤時間にかかっていたので、通勤時間の短縮は本当に助かります。
精神的にも体力的にも往復1時間以上の短縮は私にとって気持ち的に楽になりました。

2つ目の理由は、やはり金銭的な問題。
旦那さんと再度、子供が成人するまでのお金について計算してみました…

お金より大切なこともあるけれど、お金も大事です。

3つ目は、子供の扁桃腺手術が無事に終わり、これからは毎月の発熱がなくなるであろうという
期待。この期待にかけて、少しは生活リズムが整うんじゃないかなと思っています。

4つ目は、私の「再発性角膜びらん」…ブログには記載していませんでいたが、10月から毎月のように
再発し、1月にかなり重症となり緊急で大学病院での治療が始まりました。
今では少し落ち着いていて、大学病院で治療することでの安心感ときっと、これで完治するだろうという
期待。こちらも子供の体調と同じで確定要素ではないけれど、きっと完治すると信じて治療しています。


いろんな理由があり、どうなるかは分かりません。
それでも、仕事を続けると決めた以上、今まで目を背けていたことに対して真剣に考えていかなければ
いけないと思っています。

背けていた事実としては、双子の成長・発達について。来月で5歳、不安なこともあって心理士さんの
面談を組んでいます。
そして、旦那さんのこと。
仕事の忙しさやいろんな理由で旦那さんとしっかり話し合うことをしてきていません。
なので、育児のことも多くを話し合えていないし、お金のこともです。
だけど、これから仕事を続けていくと決めたからには、旦那さんにも真剣に考えてもらい、ともに協力して
いかなければいけないと思います。





posted by ポポママ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭内感染?娘にもうつりました、感染性胃腸炎。

先週から続いいてる我が子たちの感染性胃腸炎。
始まりは双子弟の突然の嘔吐…その後発熱してぐったり。
その4日後に双子兄も同じ症状…症状は軽めだったけれど喉も痛がって食欲不振。

やっと双子たちも元気になって保育園にっていましたが。
双子兄が嘔吐してから同じく4日目の先ほど小学校から連絡が来てしまいました。
ついてに…娘にも感染性胃腸炎の症状が

それにしてもなんとも間延びした感染…
家庭内感染でなくそれぞれが別でもらってきているかもしれません…

ということで、約1週間以上、だれかかれかが吐いたり熱出ていたりいうことで、
洗濯ものに追われています…
仕事も休んでいるしやっと仕事行けても、途中で呼ばれたりと…まったく仕事になっていません。

北海道、大寒波に見舞われいます。
これから私と旦那さん…風邪でも引かないように気を付けていきます

posted by ポポママ at 13:22| Comment(0) | こども 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

やっぱり夜中に嘔吐。喉も痛がって溶連菌?

昨日は保育園から帰宅しても何も食べられなかった双子兄。
そして、夜中の11時半に弟と同じく嘔吐しました…。
兄は1回の嘔吐だったので、一安心しましたが、朝になってから喉が痛いと…

喉…扁桃腺手術したのに~~
嘔吐だけなら様子を見ようと思っていましたが、喉を痛がっていたのですぐに受診。
保育園でも溶連菌が流行っているようなので…

お願い、溶連菌、扁桃腺(ないけど)でありませんように…
祈るような気持ちで、受診しました。

双子兄はしっかり口を開けて診察、喉の検査も受けていました。
騒ぐことも泣くこともなく、成長したな~と感心。

結果は溶連菌マイナスで、胃腸炎もしくは風邪ということで整腸剤を出していただきました。
双子弟も保育園でも胃腸炎が大流行なので仕方ありません。
ただ、娘にだけはうつさないように…シーツやら何やらを洗濯中…
娘だけでなく私が一番濃厚接触なので気を付けなければ…。
posted by ポポママ at 13:13| Comment(0) | こども 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

感染性胃腸炎、兄にもうつったようです。16時45分に保育園から電話。

今日の16時45分…保育園から職場に電話が着ました…
保育園からの電話でいいことは一切ありません

熱出てます、吐いています…これ以外で電話がかかってきたことありません。
で、今日は…

「双子兄君、お腹が痛いってポロポロ泣いているんです。」と言われました

泣いている?

私「熱ありますか?」
保育園「いいぇありません。」
私「下痢していますか?」
保育園「いいえ、していません」
私「……今はどうしていますか
保育園「布団でゴロゴロしています。」
私「もう少しで終わるので急いで迎えに行きます」


先週は双子弟が胃腸炎で吐いたり発熱もあったし、保育園では感染性胃腸炎が
大流行だから、保育園も親切に連絡をくれました…
けど、あと15分で勤務終了なのでお迎えはいつも通りでしたが…


帰宅すると熱は37度6分…食欲もなくスープ1口で「気持ち悪い」と、全く食べられませんでした。
いつも、大食いの兄君が食べないってよっぽどのこと。
今は、ソファーで寝てしまいました。

夜中に吐くことにならなければよいけれど、吐いてもいいように準備万端にしておこうと思います…。

おやすみなさい。

posted by ポポママ at 20:30| Comment(0) | こども 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

娘の筋力のなさを実感…スキー授業での出来後事

娘のスキー授業は1月から2月かけて5~6回ほど。
まだ2年生なので、スキーを履いて歩く、校庭の山を登る、まっすぐ滑る程度です。
私も、ただ滑る程度に思っていましたが…違いました。

小学1.2年生のスキー授業での到達課題…
「転んで起き上がる」という作業が…。すっかり盲点でした。

で、1回めの授業を終えて帰ってきた娘
「すっごく、楽しかった~滑れてよ。簡単だった」とご機嫌。
けど、ちょっとしてから
「ママ、私だけね、転んでから起き上がれなかった」と教えてくれました。

うん?娘だけ?

転んで起き上がれなかったら…スキー山行ったら大変です。
こりゃ、命に係わる
と心配しましたが、授業以外で我が家でスキーに行くことは皆無なのでそんな心配は
不要でした。
けれど、起き上がれないてって???
これは筋力的と体が硬いからだと直感。そうなんです、娘、筋力がなくて…体が硬い。
これは私のDNAを受け継いでしまいました。私も子供時代異常に体が硬かった…

ということで、筋トレとストレッチを開始。そして、娘に外遊びの約束をしました。
いつも学校の昼休みや児童クラブでは本を読んだり絵を書いたりと教室にいることが多い娘。
インドア派であることは間違いありません。こちらはパパのDNAを受け継いでおります…
絵を書いた入り本を読むことはとってもいいこと。
ただ、今の子供時代に体を思いっきり使って遊ぶことも大事
なので、学校の中休み、昼休み、児童クラブこの3つ時間で1日必ずは外遊びや体育館遊びをすることを
約束しました。

体力はないな~と思っていた娘。
帰宅してもすぐにソファーにごろん、テレビ見ててもごろん。こちらはママのDNAか。
筋力がないから、横になったほうが楽なんだと思います。
まだ2年生でだらけすぎでしょって感じますよね~
双子たちはいつも家の中で騒ぎまわっていますが…

ということで、娘の筋トレストレッチ、外遊び計画。私も一緒に筋トレストレッチは細々とやろうと
思っています
私にもいい効果があればうれしいです~
posted by ポポママ at 06:01| Comment(0) | 小学1年 スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする