2017年01月28日

ママだって風邪引く…

woman-d-04 (2)9.jpg約2週間の看病やら病院通い、合間に仕事ってことを続けて…
さすがに疲労もピークに。
子どもの受診以外は私の母に子供たちを見てもらっていました。
昨日は娘はおばあちゃんに見てもらい…
何とか仕事へ。

朝から、体は鉛のように重たく…仕事中は頭痛と関節の痛みが…
もしやと検温すると…37度。
う~ん微妙な感じ。

何とか仕事をし、きっちり残業もし…
保育園に迎えに行ってから帰宅。

2週間大変だったけれど、おばあちゃんが来てくれていたので夕飯の準備と
部屋がきれいであることで、心が救われます。

異常な寒気と頭痛…
熱は37.5度まで上がっていました。
温かいスープを飲んでそのまま寝ました。
10時間以上も寝て…

朝起きたら…

頭痛もすっきりよくなって熱も下がっていました
やっぱり睡眠って大事だと実感。
寝る前のスープも良かった。

とにかくすぐに恢復期してくれて良かった良かった。

先月も発熱したので…最近は疲れが溜まっているようで…
風邪ひきやすい感じ。体調管理しっかりせねば。

本当にママが体調悪くなると…家の中もどんよりだし何も出来ない…

土日…休みで家族5人…
ある意味大変だけどゆっくりします。

皆様も体調崩さないようお気をつけ下さい。
続きを読む


posted by ポポママ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の健康・メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

娘の症状が悪化…再度受診した結果

woman-d-04 (2)9.jpg今月入ってから、立て続けに溶連菌やら胃腸炎やらに感染している子供たち。
昨日の夕方から、娘の症状が悪化。
発熱も38.5度を行ったり来たり…
嘔吐はしないけれど、吐き気を頻繁にもよおしていました

明らかにただの風邪ではない、様子がおかしいと思い…
朝一番に受診しました。

先生は今週からの様子と照らし合わせて様子を見てみようというような感じでしたが…
明らかにおかしいって感じていたので、
「胃腸炎でこんなに高熱が続きますか?咳も出てきているし」と
お伝えすると、採血をして低血糖、その他の感染について調べてくれることになりました。
脱水もあり尿も全くでなくなっていたので、点滴もしてもらい、尿が出たら検査をすることに…。

採血のときは、怖がって泣きはするけれど暴れたり激しく嫌がったりする様子もなく…
なんて聞き分けの良い子なんだと思った程。

採血の結果からは…
炎症反応も高く、何らかのウイルス感染が考えられました。
そして、肝臓の機能も低下していることが判明
軽度の肝機能障害で、風邪のウイルスによるものだろうけれど、本当に風邪によるものか
来週も検査することに。

点滴のお陰で尿も出て、尿検査の結果…
ケトン体と蛋白が増加しているようで、このケトン体が増えると…
自家中毒となり吐き気が出るとのこと。

去年、自家中毒に悩まされ…その頃の吐き気について思い出しました。

点滴二本終わることには、いつもの娘ちゃんの笑顔に戻っていました。

この二週間、まとにも働いたのは3日ほど…。
職場には申し訳ない気持ちでいっぱいだけれど、今出来ることを精一杯やるしかないと
思っています
posted by ポポママ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

立て続けに子供たちが病気なってます。

woman-d-04 (2)11.jpg3人の子どもが立て続けに病気なっています。

始めは…1月13日(金)に双子兄が発熱したと保育園からの呼び出し。
熱は38度超えていてました。

当日は受診せずに、翌日の土曜日に近隣の小児科へ。
インフルエンザ検査では陽性反応はでずにホッと一安心したけれど…
熱はおさまらず…

16日にかかりつけ医に行って…
溶連菌であることが判明。すぐに抗生剤で治療開始。

二日後には解熱…
19日(木)には双子弟が…同じような症状。
かかりつけ医で溶連菌判明…

21日、22日の土日は何とかみんな解熱し…
やっと23日に全員保育園に連れて行ったら…

朝、9時10分…保育園からの呼び出し。
双子弟が38度声の発熱…

午前中に「受診し13時に自宅についたら…
またまた保育園から連絡。
娘ちゃんも発熱している…と
そして夜、双子兄が大量嘔吐…

昨日…何とか3人を病院へ連れていき

双子兄 感染性胃腸炎
双子弟 ただの風邪
娘   胃腸炎&風邪

インフルエンザやアデノウイルスではなかったけれど、
38度以上の熱が出ています。
感染胃腸炎の双子兄だけは元気を取り戻しつつあります。
そしれ、連日面倒を見てくれていた祖母も…感染胃腸炎症状です。

もう10日以上も子どもの体調不良で病院通いで仕事もままならず…

次に倒れるのは私かもしれない…

とにかく、とにかく、この冬を乗り切ることだけを考えます。
乗り切れるのか…まだ1月です。

いやいや、乗り切ります。

応援よろしくお願いします
続きを読む
posted by ポポママ at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | こども 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

旦那さんの転職活動…面接を終えて…早くも結果が。

woman-d-04 (2)5.jpg先週に転職活動を再始動した旦那さん。

トントン拍子で面接まで進みました。
本社は東京で東京の方とのTV会議による面接でした。

職歴や今までやってきた仕事について確認があり割りといい感じに進んでいたようです。

しかし、数点の転職に関する条件が…

①東京転勤出来るか?
→持ち家、子どもが小さいとの理由で無理。
 地方勤務の転勤なし希望です。

②職種変更がありますが大丈夫ですか?
システムエンジニアでの募集と思いきや、社内での部署移動と言うものが
あるらしい。営業職や会計や総務やら…はたまた、ファイナンシャルプランナーの資格を
とってもらいた…などなど…。
→システムエンジニアしか出来ません…

どちらも、なんとも重要な項目ですよね…。

それらを出来ないとお伝えしたので…結果は目に見えているとうか…。

二日後に…またまたご縁がなかったとのお知らせ。
旦那さんとしては運試しみたいに受けた試験ですが、ちょっとショックだったよう。

そんなに簡単には行かないだろうと思われる転職活動。
今ある仕事でもいいけれど、旦那さんにしたら色々と思うことはあるようで…

とりあえず…応援はしています。


続きを読む
posted by ポポママ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

旦那さんの転職活動…今年も。

woman-d-04 (2)10.jpg去年の夏から、転職を意識している旦那さん。
秋に受けた大本命の会社は…ご縁がありませんでした。


その後、全く転職活動をしている様子がありませんでした。
今の会社に留まってもいいし、強く希望するなら転職も良いかなって思っています。
ただ、旦那さんのペースというか性格なのか…
のんびりしていることにちょっとイライラ
年齢的なものもありるし、転職のための面接や書類関係も時間をあけずに取り組めば、
スキルだってあがるはず。
転職サイトからは色々とオファーが来ているのに…って思っていました。

先週に、「こんな会社からもオファー来ている」ってニコニコしているので
思わず…
「そんなの眺めていたって、転職できないよ。もう応募しなよ」と一喝。

その場で、求人に応募することを勧めました

そして、とんとんと書類審査が通ったようで…
WEBの適正検査も通り…

面接にこぎつけたようです

けれど…けれど、この面接が旦那さんの最も苦手とするところでしょうか…
そして、旦那さんの良さを理解してもらえれば戦力となるのでは…
と、妻バカですが思うのです。

ただ、自分の息子のように心配です

転職出来た時に、うまく適応できるのかが…子どもでもあるまいしって思いますが。
なのでやはり今の職場で頑張ってもらったほうがいいのかな。

とにかく、どうなるのか、見守るだけです。


posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

娘から学ぶ育児について。

woman-d-04 (2)8.jpg数日前、双子のトイレについて娘とおしゃべり。

私「うーちゃん、夜中に起きてちっちっていうから、思わずオムツでやって、と思っちゃったよ」

娘「は?駄目だよ」と一喝。

そうですよね…
トイレ・トレーニング始めてトイレが出来るようになっているのに、
オムツでしてもいいって思っちゃうし、混乱もしますよね。

娘の感性と言葉でいつも気付かされることがたくさん。


娘が、お風呂で自分から髪を洗って体も拭いていた時、
「お姉ちゃんになったでしょ。やっとお姉ちゃんになってきたわ。」

一瞬、???って思いましたが…

双子の弟の面倒もよく見てしっかりしていて、6才になった娘
はもうれっきとした?お姉ちゃんって思っていたけれど、
お姉ちゃんになった、早くなって欲しいって思っているのは親の気持ち。
娘にしたら、まだまだ、甘えたいし、お姉ちゃんになんかなりたくなかったって
言うのが本音でしょうか。

「お姉ちゃん欲しかったな。
これから赤ちゃん生まれても、お姉ちゃんがお姉ちゃんだもんね。」

これから赤ちゃんが生まれることはありませんが…

お姉ちゃんのままですね。

いつか小児科の先生に言われた一言、
「産まれた順番は変えられないからね」

兄弟で色々と感じることもあるけれど、子どもたちからの言葉で
私の育児の仕方も変えつつ…学びつつやっているって感じです。

続きを読む
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

はじめてのお使い!娘の場合。

seesaa_profile_icon昨日、突然「おつかいに行きたい!」と言い出した娘。
数日前に見た「はじめてのおつかい」が影響しているのか、
小学校の準備のために児童会館に申し込みに行ったからなのか…


けれど、娘はしっかりしているようで、心配性でさみしがりやさん。
どうなるか…、不安と期待でいっぱいの親子です

買い物はおやつのきなこ餅のきな粉とパパから頼まれたほうじ茶。
お金は千円渡しました。
行き先は、100メートルほど先のコンビニ。
歩いて5分もかかりません。家から直線で、コンビニの看板も見えるくらいの距離です。
ただ、信号があるのでちょっと不安

娘を見送りました。はじめはワクワク、ドキドキしていた娘も…
少し行っては振り返り、また行っては振り返り。
ついには戻ってきて
「あそこまで来て」コンビニと家の中間にある床屋さんまで一緒に。
そしてまた、そこから少し行っては振り返り…
やっと、信号を渡りやっとコンビニの前まで来たところで…
首を横に振りながら、戻ってくる娘。

私も両手を広げて迎えに行きました…
迎えにっていっても数メートルの僅かな距離ですが…

泣きながら「寂しくなった…」と。

そして、一緒にコンビニに行き、買い物をして帰りました。

一人でお使えに行けなく意気消沈している娘に
「お使いに行きたいって言ってくれて嬉しかったよ。
みんな自分で行くって言えないのにすごいよ。
次も行けそうだったら行ってみよう」
と伝えると頷いていました。


振り返り振り返り、歩いて行く娘を見ながら…
成長、人生においても振り返ったり立ち止まったり…後戻りしたくなったり
そんな時、いつでも立ち止まって待ってあげられる親でいたいと思います。

子どもの先に進んでしまっても行けないし、後戻りしてばかりでも行けません。
いつでも同じところで同じ自分でいて、子どもの成長を後押ししてあげられたら
いいなあって思います。

はじめてのおつかい…おつかいは達成できなかったけれど、
待ってて後押ししてあげる親になればいいんだって感じられた日でした



玄関に出て見送りました。

posted by ポポママ at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | こどものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

双子もうすぐ3歳のトイレ事情

woman-d-04 (2)10.jpg3月に3歳になる双子たち。
トイレトレーニングは中盤と言った感じ。


先週から、保育園ではトレーニングバンツから普通のパンツに変わりました。
その、普通のパンツを履いている姿ってかわいいーー。
一気にお兄ちゃんになってしまいました。

双子兄は朝からパンツを選んで、「これ、これ」って張り切っていました

そして、そのパンツに変更してから、双子兄は家でもほとんどトイレで出来るようになりました。
自分から「ちっち、出る。トイレで。」と。
日中はもちろん、連れて行きますが…夜中にムクッと起きて
「ちっち」と言われると…思わず「おむつで」と言いかけますが…。
そこは、ぐっと我慢して夜中のトイレ誘導頑張っています

双子弟は…
保育園では普通パンツになりほとんどトイレで出来ているようですが、
家ではまだまだ、オムツ。パンツを履いていても、素知らぬ顔でジャージャーです。
そして、こちらを見てニヤリとしている…そんな感じ

双子兄を褒めすぎると弟のプレッシャーにもなるような気がするし、けど兄も褒めてあげたい。
なので、成功した兄はたくさん褒めても、失敗する弟は怒らないってことにしています

我が家のトイレは一階に一つだけ、寝室は二階なので、
夜にトイレって言われたら階段を降りて、登ってが一苦労。
二階にもトイレがほしいなって考えています。

トイレトレーニング始めたのが、去年のゴールデンウイークあたりでしょうか。
開始は保育園からで我が家では全く…。
けれど、成長とともに出来ていくんですね。
もちろん、成長にあった親の手助けや誘導って必要ですが。
続きを読む
posted by ポポママ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子トイレトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

双子の胎内記憶。生まれてくれてありがとう。

woman-d-04 (2)0.jpg2才10ヶ月の双子くんたちに胎内記憶について聞いてみました。

まずはじめに聞いたのは双子兄。
私と兄で、頭まで布団をすっぽりとかぶりリラックスしていた時。

「ママのお腹にいたときのこと覚えている?」

双子兄
「弟うーちゃんといた。生まれた時、ここと、ここと、ここと痛かった」
と、鼻と手の平、足の指を指差していました。

その指差したところは、一ヶ月早く生まれたので、
鼻から栄養チューブ、手のひらには点滴、足の指には酸素モニターと付けられていた場所でした。
お腹の中のことはそんなに覚えていないようでしたが、生まれてすぐの記憶があることにびっくり。

そのお話をしているときはとってものニコニコしていて、私もとっても幸せな気分。

そして、1時間ほどあとに双子弟くんんと同じシチュエーション。
布団の中で聞いてみました。

「お腹の中にいた時のこと覚えている?」

双子弟
「産まれた朝、ここチクってされて痛かった。」
といって、手のひらをトントンってしていました。
そうです、兄と同じ点滴の針が刺されたところ。
そして、
「たくさん、赤ちゃんいた。ママとパパいた。みー(姉)はいなかった。」
NICUにいたので、赤ちゃんはたくさん。
まだ3才だった娘は感染予防でNICUには入れず、
初めての対面は3週間以上もあとでした。

どれもこれも、産まれた時の状況を伝えてくれていて、本当におどろきと感動

そして、娘に聞いたときのことも思い出しました。

「お腹のなかは狭くて赤かった。ママとパパが歌ってた。」と教えてくれました。
娘のときは一人目ということもあって、よく歌ったり話しかけていました。
そして、パパにも無理やりお腹に向かって話しかけさせてて、
とっても神秘的なものを感じました


こんな、素敵なエピソードを伝えてくれた3人、本当にありがとう。
私達の子どもに生まれてくれてありがとう
続きを読む
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

娘の将来の夢。

seesaa_profile_icon今年、小学校入学の娘。
5才頃までの将来の夢は…
「歌って踊れるアイドル」でした。
アイドル系のダンスを踊ったり歌ったり。可愛い格好も大好き。
一時、ダンスを習ったこともありました。
七夕の短冊にも3年ほど「アイドルになりたい」と書くほど。

そんな娘の将来の夢に変化がありました

「人を助ける仕事をしたい」と話すようになりました。

それを聞いて、心がほっこり

人を助ける仕事、具体的にはわかっていないようですが、人のためになることを
したいようです。

私の仕事も、医療職で時々患者さんのお話をすることもあるので、その影響もあるのでしょうか。
もともと、心優しい娘。
自然と、人のためにって思っているのかもしれません。

どんな将来の夢でも応援してあげたいし、味方になってあげたいと思います。


posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こどものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。