2017年04月24日

仕事とを休職して得られる穏やかな日々

seesaa_profile_icon先月から体調を崩して、職場を休んでいます。
職場を休んで、約一ヶ月…

始めの2週間ほどは、体を動かすのも辛くて…旦那さんにはきつい言葉ばかりを
投げかけていました。

元々の体調不良は一年位前から始まっていたのかもしれません。
3人育児と家事に仕事に…
フルパワーで働き、自分の容量をはるか前から超えていたけれど、
自分のことは後回しでした。

3月にとても辛いことがあり、そのことが原因で心身ともに悲鳴をあげてしまったのです。

そして、今。

一ヶ月仕事から離れ、カウンセリングを受けながら、自分のこと、旦那さんのこと、家族のこと
生きるってことを考えています。

日々、時間追われていた頃はいつもイライラしていました。
今は、朝、旦那さんを送り出した後、イライラすることもなく子供たちを小学校、保育園へと
送り出しています。
そして、簡単な家事をしてのんびりながら今までできなかった掃除や片付けをして、
夕方には子供たちを迎えに行って…

そんな穏やかな日々を送っています。

仕事は好きで、もちろん経済的にも働かなくては行けない状況ですが…
この穏やかな状態で…仕事も続けられないものかと…思っています。

それには、やはり色々な見直しや考え方を変えなくては行けない。

まだもう少し、こののんびりした時間を満喫してい、元気を充電していたいです。


posted by ポポママ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のメンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

双子弟の自慢のパジャマはママだけ。

woman-d-04 (2)8.jpg双子たちのパジャマはすべて6才のお姉ちゃんのお下がりです。
なので、ピンクが多かったり、プリキュアものだったり。
その一つに、プリキュアのマーク?のようなものが腕についていて、真っ暗になると
光るものがあります。
そのパジャマが大のお気に入りの、双子弟。

パジャマを選ぶ時も、「これ光る?」としっかり確認しています。
「光らないやつだよ」って言うと、探し当てて喜んできています。

真っ暗にならないと光らないんだけれど、

「光ったら…ママにだけ見せてあげるね」と得意げ。

寝る時間になり…布団に入り…
うっすらと光るマークを、喜んで見せてくれます。

「ね、光ったでしょ。ママだけだよ」

今はなんでも一番なママの存在

その光と同じように子供たちみんな光っているよ

posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

双子兄とママの秘密のこと。

woman-d-04 (2)1.jpg双子兄とママの秘密のことがあります。
秘密っていっても…

双子兄が夕方や食後に、
「ママ、一緒にいこ、いこ。
口と目(隠す真似して)内緒でね」
と、言いながらそ~と他の子どもに気が付かれないように…
二階のお布団のところにママを連れて行くんです。

そして、真っ暗の部屋の中…
布団をすっぽり被って…

「ママ。可愛いから~ママ大好き」
って、真っ暗な布団のなかで抱きしめてくれんです
3才双子兄にとっては、この行為はみんなに知られたくない秘密のよう。

はぁぁぁぁぁ~~~~
癒やされます

この何とも言えない安心感。
子供だけでなく私が一番安心し、癒やされているのです。
疲れも一気に吹き飛ぶってこういうこと。

てな、二人の時間を満喫するのも数秒から数分。
その気配に気がついた姉・弟は布団の上にダイブしたり、布団を一気に
まくったりして…
兄「うーとママだけ。あっちいって」と兄弟喧嘩勃発

そして、布団の上でみんなで跳び箱(ママが台です)したりお馬さん(ママが馬です)したり…
それはそれで楽しい一時です。

毎晩、3才の息子に誘われるお布団…
いつまで続きますでしょうか?
楽しみ、楽しみ。
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

初の授業参観  コミュニケーションの始まりは挨拶からだと実感。

woman-d-04 (2)0.jpg昨日は、小学校に入学したばかりの娘の授業参観でした。

授業は、「どうぞ、よろしく」
事前に自分の名前、好きなことを書いたカードを持って、音楽に合わせて
自由に動き回り、音楽が終わったら、近くの人とそのカード交換をするというもの。

クラスは30人以上もいるし、知っているお友達が一人もいなくの小学校生活スタートだったので、
名前を覚えたお友達は3~4人ほど。
授業を通しての友達作りって感じでした

娘の様子を見ていると…
音楽が流れているときは、ニコニコでよく動き回っています。音楽を止まると…
一番近いお友達に声をかけようとするけれど、なかなか声をかけられません
5人とやって、ほとんどがお友達から声をかけてもらって、カード交換となっていました。
終始笑顔の娘

コミュニケーションって難しいようで、挨拶一つで始まるんだなって思いました。
そして、常に笑顔でいるってことも大切だなって思いました。

帰り際、「じゃあね、ママ。」と、お友達とさっさと帰っていった娘。
児童会館に迎えに行ったときは、昨日とは打って変わっての笑顔。
一輪車の練習が出来たようです。

本当に、本当に子どもってすごいな。
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

児童会館に迎えに行った娘が…シクシク泣き出した。

woman-d-04 (2)6.jpg楽しく小学校&児童会館に通っている娘。
昨日は私の受診もあり、いつもより少し遅めの時間に児童会館に迎えに行きました。

体育館にいた娘。私を見つけて、一瞬笑顔になったけれど…すぐに暗い表情になって
無言に帰る準備をしています。
何だが薄っすらと涙ぐんでいる。

「どうしたの?」と聞いても首を横に振るだけ

車に乗り込むときには大号泣に変わっていました。

友達となんかあったのかな、悲しいことあったのかな…
オロオロと心配していましたが…

「一輪車に乗りたかった」と泣きながら言い出しました。
そして「もっと遅く迎えに来てほしかった」

なあ~んだ、そうだったんだ

児童会館が楽しんだ。とホッとしました。

慣れない小学校に児童会館、全くお友達がいない中ででスタートした生活なのに
今ではすっかり慣れた様子。
そしてとっても楽しんでいるようで安心しました

帰ってきてから、好きなアニメを見ながら、ご飯をたっぷり食べて笑顔いっぱい。

ありがとうね、本当にありがとう。
posted by ポポママ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

双子の性格の違いが面白く、かわいい

seesaa_profile_icon双子、3才なったばかり。
言葉の発達や体の発達に違いがあるけれど、性格も全然違う二人。


言葉の発達は最近、双子兄も弟に追いつてきて、かんしゃくを起こすことや、コミュニケーションの
しにくさは減ってきています。

言葉の発達に比例するかのように、体の発達・運動能力には兄が先を行ってきます。
体重は3キロ近く違うし、身長も4センチほど兄が大きくて、二卵性なので顔も似ていないので、
一見双子には見えない感じ。
体が大きい兄の方が力もあるし、足も早いし…。

昨日も、長座布団に紐で縛るような感じの長座布団カバーをおばあちゃんに作ってももらいましたが…
双子たち、一生懸命そのカバーを外そうとしています。

兄はあっという間に重たい長座布団を持ちながら、カバーを引っ張ったりして取り出せましたが…
弟は…全く出せません。兄がやっているのを見ながら…
「出来ない、出来ない。」
兄が「え~出来ない?」「こーやって、こーやって」とちょっと手伝ってあげます。
何回か繰り返しても弟は出来ないばかりで兄にやってもらってます。

私が「兄うーちゃんよく出来たね。すごいね」って言うと、満面の笑顔。
弟は悔しそうにしているかと思いきや…カバーを外してもらった長座布団にダイブしてお昼寝の姿勢で笑顔。

何でもかんでも「出来ない」とすぐに頼ってしまう弟。
それを、手伝ったりやってあげる兄。
双子だから兄とか弟とか関係ないと思っているけれど、何となくそんな様子の二人です。
けれど、それも兄弟のなかでいいバランスなのかもしれません

ちょっと頑固でよく周りを見ている兄
マイペースで自由人の弟
しっかりもので優しい娘

ありがとうね
posted by ポポママ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

私の今の状態。

woman-d-04 (2)9.jpg3月の中旬より体調を崩している私。
体調を崩している原因は、いろんなことが重なって、今までの疲れやらストレスやらそんなことが
一気に来てしまって…
その状況についていけなかったから。

いろんなことが重なった内容は詳しくはかけないけれど…。
自分の生い立ちや生き方にも影響があるのです。

3月下旬から病気休業しています。

先週にメンタル専門の病院に受診し、新たに診断もうけて、生活や自分のものの考え方を見直している最中。

いつから仕事復帰できるかは未定ではあるけれど、できれば5月のゴールデンウイーク明け位からは、
仕事に復帰して少しづつ生活を整えていきたいです。

病院からは、今はとにかく休養が必要と考え方の癖や新しいものの考え方を教えてもらっています。

毎日、子供たちは小学校、保育園に行っているので、朝は通常のように6時に起きて…
朝ごはんやら簡単な家事して、8時に送り出し出発。
8時半に帰宅して、パソコンで少しブログを見たりTV見たり。

9時位から一時間ほど家事や片付けをして…
10時位に母が来てくれているので、おしゃべりしたり一緒に夕飯作ったり。
4時に保育園と児童館お迎え行って…

と、とても規則正しく生活しています。

この生活に慣れてしまって、仕事復帰したときのバタバタがとっても不安です。
けれど、仕事している自分っていうのも大事な自分なので、不安がらずに生活を早く整えて行きたいです。

posted by ポポママ at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のメンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

小学校入学から、その後の娘。順応する力ってすごい。

woman-d-04 (2)0.jpg先週の6日、無事に娘は入学式を終えて、今は楽しく通っています。
保育園時代のお友達が一人もいない状態での小学校生活スタートだったけれど、
あっという間にお友達も出来たようで、ほっと安心しています。

子どもの順応する力ってすごいなあって思います。
順応出来ないと、全く新しい環境に飛び込むなんて出来ないですよね。

子どもの力に私も力も貰ってすこしづつ元気になっています。


学校に行く準備も、帰宅後すぐに自分でやり始める娘。
ちょっと手伝おうとしたら
「自分でやらないと意味がない」とほとんど自分でやっています。
学校からもらったプリントを見ながら、これはあっている?これって何?
って聞きながら自分でほとんど準備が完了。

保育園時代は全く自分でやることはなく、「ママやって。」の一点張りだったのが
小学校入学を機に一気に自立してきています。

少しづつ親の手も離れいく寂しはあるけれど、その力強さに私も強くなっています。
続きを読む
posted by ポポママ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

双子のベビーカーを捨てました。

woman-d-04 (2)7.jpg車庫の奥に眠っていた、双子のベビーカーを捨てました。
大型ゴミに出してスッキリです。

我が家は双子だったけれど双子用のベビーカーは用意しませんでした。
私一人で双子を連れて何処かに行くことなんてないと思っていたし、
大きな出費でもあったので購入は見送りました。

元々、娘が使っていたものと友人が譲ってくれた2台のベビーカーを使っていました。
もちろん、私一人で押すのではなく旦那さんがいる休日のみの活用。
なので、双子がベビーカーに乗ったのって本当にわずか。

ベビーカーを使う必要もなくなるくらい走り回って成長している双子に娘。
少しづつ乳児から幼児、そして子供と大きくなっています。

ベビーカーを捨ててもう赤ちゃんではない、当たり前だけれど成長ってすごいなって
思います。
大人はこころが成長しなくてはいけない。
子どもの成長ととともに成長していけることを喜ばなければ。

posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

「楽しかった」初めての児童会館で娘は笑顔。

woman-d-04 (2)8.jpg朝から児童会館(児童クラブ)へ行った娘。
一ヶ月まえは、小学校も児童会館も行きたくないと言っていた娘が、数日前から
ノートに児童会館の約束・児童会館の一日など、一緒にノートに書きながら、
楽しみにしている様子でした。

けれど、もともと人見知りで心配症な娘なので、どうなるか…とさらに心配していた私です。

朝、双子たちを保育園に送った後、私とパパとで娘を送りました。
「ママ、持ち物もう一度チェックして。」と忘れ物がないか、確認して、自ら髪の毛をとかして、
「ママ、口の周り汚れてない?」と保育園時代にはなかった自主的行動。

児童会館につくと、説明会の時にあったお母さんにもお会い出来て、挨拶し子供同士も笑顔になっていました。
何となく、緊張気味の様子でしたが、児童館の先生に「人見知りなのでよろしくお願いします」と
伝え、帰ってきました。

そして、夕方お迎えに行くと…

「もっと遅くに迎えに来てほしかった」と笑顔で、新しいお友達とのことやお弁当のことたくさん話してくれました。
児童館の先生にも「しっかりしていて、すぐにお友達と遊べていましたよ」と。

私が思っていたほどの心配は無用だったのかもしれません。
子どもは子どもで色々考え、感じながらその場に適応・順応していくものだと実感しました。
そのペースに追いついていないのはこの私なのかもしれません。

そろそろ私もこのペースに乗らなくてはいけません。
けど、焦らず…少しづつ。
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。