2017年06月30日

行動範囲が広がる娘。公園デビュー。

woman-d-04 (2)6.jpg小学校に入学して、学校帰りは児童会館の「児童クラブ」に行っている娘。
私はまだ半日勤務なので、週一回はクラブには行かずに学校から直帰させています。

先週、私が付き添って近所の公園に行きました。
同じ小学校のお友達がたくさん。
水鉄砲や追いかけっこ、とっても楽しそうに遊んでいました。
娘も一目散にお友達のこところに駆け寄って…すぐに仲間入り。

そして、今日。
元々、児童クラブはお休みして公園に行くと行っていた娘。

だけど、私は付いていくの?
いやいや一人ではまだ行かせられないでしょ…
と、思っていると帰宅した娘が
「Kちゃんと学校の前で約束しているの、行ってもいい?
ママ駄目っていうかもしれないけど」
と言ってきました。

学校まで一緒に行くと、お友達とお友達のママも一緒で公園まで一緒にいきました。
娘には…
「なんで、ママもついてくるの?」と言われてしまいました。
振り向きもせずに、公園の中に入っていった娘。

一応、4時半には迎えに行くよといって、今ブログを書いています。

こうやって親の見えないところで行動範囲が広がっていくんだなって感じました。
保育園時代には、お迎えに行くと必ず先生が子供の様子を教えてくれました。
行動範囲が広がることはどんどん成長することだし喜ばしいこと。
不安も心配もあるけれど、子どもを信じてやっていこうと思います。


posted by ポポママ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログタイトル変更してみましたが…

woman-d-04 (2)0.jpgブログタイトル変えてみました…
元々は「共働き主婦の3人子育て・家計管理ブログ」でした
そのブログでは、家計管理についても書いていたんですが…
なんだか、なんにも家計管理について頑張ってなかったし、家計管理について書かなくちゃって
思ってしまっていたので、タイトルを変えました。

「共働き主婦の3人子育て奮闘記」

タイトルを変えたからと言って、どうってことはないんですが

それと同時に、ブログ村の登録も「双子」「ワーキングマザー育児」に変更しました。

これからは、育児について、家族について、働くママの実情について書いていきますので、
改めてよろしくお願い致します
続きを読む
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

小学校の準備、娘が完璧すぎて母親失格なお話。

woman-d-04 (2)6.jpgしっかり者の娘とおっちょこちょいの母、私です。
小学校入学して、学校生活もすぐに順応している様子の娘です。

学校に行く準備もほとんど自分でやれる娘。
そうは言っても、金曜日ともなれば疲れが出てきて当たり前。
娘から「月曜日の準備はママがやって」と言われました。
それまで、あまり出番の無かったママですが、意気揚々とランドセルに教科書やら、ハンカチやらを
入れたりしていました…。

けれど、私が準備した時に限って…と言うか、
私が準備すると決まって忘れ物があるのです

そして、娘に必ず
「ママ、筆箱無かったよ」「ママ、ランチマット入ってなかったよ」と言われてしまいます。
しまいには、私が準備した後には必ず娘のチェックが入るようになりました。

どっちが、子供でママなのか…。
むしろ私が準備するより娘がやったほうが忘れ物がないんじゃない?と開き直る私です

こんな、ママなのでしっかりものになっているんだろうなってありがたく思っています
日曜日、しっかりと準備してあげられるようにママも頑張ります。
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

3才3ヶ月のお風呂事情…兄が洗髪を嫌がるようになって困っているお話。

woman-d-04 (2)7.jpg子ども3人と一緒の入浴は…命がけです。
気がついてたら、誰か溺れていたなんて事になりかねませんからね…

去年のお風呂の記事を読み直して…
約9ヶ月前は、こんな感じだったんだなって思い出してました。

今のお風呂事情…

娘は頭の洗うのはチェックして上げる必要がありますが、ほぼ自分でやれるようになっています。
双子たちは、泡で遊ぶことはありますが、湯船の中に泡をいれてはいけないって分かるようになったので、
泡風呂になることは、ありません

シャワーを自分で掛けたい弟。
湯船に浮いている、髪の毛を桶で慎重にすくう兄。
私が髪の毛をシャワーし終わると、タオルを渡してくれる娘。

命がけだったお風呂事情が、少しだけですが、
湯船にも浸かってゆっくりできる一瞬も持てるようになりました

しかし…。双子兄が…
シャンプー&髪をすすぐのを嫌がるようになってしまいました…
もう一ヶ月以上前から、シャンプーを使っていません…。
しかもシャワーを嫌がるので…抱っこした状態で湯船に頭、髪の毛を洗ってあげています。
それで十分きれいになりますが、どれ位その状態を続ければいいのか…。

元々、目にお湯が入るのを嫌がってシャワーするときは顔にタオルをかけていました。
ちょっとでも顔にお湯がかかると嫌がっていましたが…
旦那さんとお風呂に入った時に、勢い良く顔にかかってしまったようで、それからは
一切、シャワーを嫌がってしまいました。
まだ、3才だしこのままでも良いかなと思いますが…これから夏になってどんどん汗もかくようになると…
シャンプー使わないで乗り切ることできるかな…
posted by ポポママ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ケガ災害病院へ。今度は双子弟の腕が…

woman-d-04 (2)9.jpg日曜日の夕方…
双子息子たちが何やら慌ただしく遊んでるんだか、喧嘩しているんだか…

双子弟の「痛い」の大声と同時に、逃げ出す双子兄。

弟は大泣きで旦那さんに抱っこされていました。
抱っこされていると泣き止み落ち着いた様子でしたが…。
全く腕を動かそうとせず…右手だったのでご飯も食べられないと言います。

腕の様子を見てみようと、袖をまくりあげようとすると…
「痛い、痛い、駄目」と目を見開き、大騒動です。
「冷やして」と言うので、そっと腕を上げて氷枕で冷やしてみました。
何とか、腕を見ることが出来ましたが…

手首が腫れているような?そんな気もしますがよく分かりません…
肩をあげるように言っても全く上がらないし、少しでも動かそうものなら、激痛があるのか
体もよじって嫌がっていました。

骨、折れちゃった???

双子兄の入院に続いて…骨折
と、意気消沈してしまいました…

ケガ災害病院に急行しました。

骨折していると思っていた腕は…

「肘内障」で、先生の整復術で一瞬にして痛みも消えて、しっかりと動けるようになりました…

双子弟
「先生がグリグリってして痛かった、もう治った」と…あっという間に元気になりました。

とにかく、骨折でなくてよかった…
そういえば、娘も…「肘内障」なっていましたね…

子どものケガ…いつなるか分かりません…
気をつけれるだけ気をつけたいです。
posted by ポポママ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | こども 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

娘の自分の行動は自分で決める姿に関心。~朝顔編~

woman-d-04 (2)6.jpg小学校に入学して…2ヶ月経ちました。
娘は、親が心配するのをよそに元気に通っています。
けれど、新しい生活や友達や児童クラブや…弟の入院などで疲れも溜まっている娘。

友達関係が広がればそれだけの悩み?も出て来る様子…

娘はどちらかと言うと…自分の意見を押し通すようなことはせずに周りに合わせたり、
我慢するタイプ。
なので、お友達から強く言われると、それを受け入れてしまうようです。

例えば…

授業で育てている朝顔
学校帰りにお水をあげてから帰りたい娘。
けれど、お友達に「駄目、そのまま帰ろう」と言われてしまう。
次の日は「一分だけなら良いよ」と言われてしまう。

そんな様子を聞くと…我慢しているのかなとか、もっと強く言ってもいいのに…
とか思ってしまいす。

けれど、娘は娘なりにそういったやり取りを通して、自分で行動しているようでした。
数日後、一人で帰ってきたという娘は、
「朝顔に水やって帰ってきたよ。お友達と約束してなかったから」と、自分のやりたいことを
自分で考えて、行動にうつしていました。

相手は簡単には変われないので自分で自分の行動を変えた娘。

友達の言いなりになっているだけでなく、自分の行動を自分で変える…
まだ6才にして、コミュニケーション力あるな~なんて関心しました。


続きを読む
posted by ポポママ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

緊急入院。急性咽頭炎、滲出性扁桃炎でした②

woman-d-04 (2)6.jpg月曜日に緊急入院した双子兄。
無事に一昨日、退院しました。

覚え書きとして、記録しておきます。


先週より体調を崩してた息子。

自宅に戻ってから明らかに体調悪化していました。
すぐにタクシーで小児科に戻り、即入院となりました。
夕方5時です。

炎症反応9.5
ケトン体4プラス
発熱41度

すぐに補液・栄養補給の点滴と抗生剤投与が始まりました。

息子はぐったりしていたけれど、また病院に戻ったことで不安そうでした。
夕飯はおかゆ数口しか食べられず…ぐったりです。
そして「おうち、帰ろう。帰ろう」と懇願してきます…。
「今日はここでお泊りだよ」と言ってなんとか納得させました。
しかし、消灯になり…電気を消すと
「怖いこわい、暗くしないで。こわい」と泣き出し、電気を消すことが出来ませんでした。

電気を付けたまま寝ましたが…寝た頃を見計らって電気を消すとすぐに起きて
「こわいこわい…電気つけて」と敏感になっているようでした。

入院二日目。
扁桃腺からの膿がひどく喉も真っ白で、なんどもうがいをしました。
食事は全然とれませんでした。
発熱は座薬なくても37度~38度程度となり、元気も出てきました。
差し入れのおにぎりやオレンジ・ヨーグルトは食べられるようになりました。
夜には「おうちに帰りたい、ここはおうちじゃない」「暗くて怖い」と
とても落ち着かなくなっていました。
夜中には何度も何度も、うなされるように泣きながら起きていました。

入院三日目。
先生より血液データーが改善していれば、午後にでも退院と言われました。
血液検査では
ケトン体マイナス
炎症反応5.5
発熱36.6度

退院のOKが出て、無事に午後に退院しました。
原因菌は特定出来ませんでしたが…一週間で回復することができました。

覚書でした。
posted by ポポママ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供入院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

緊急入院。急性咽頭炎、滲出性扁桃炎でした①

woman-d-04 (2)6.jpg職場復帰初日に高熱を出した三才の双子兄。

週末も40度近い高熱が続いていました。
かかりつけ医からは「週末も高熱で食べたり飲んだり出来ずぐったりしていたら救急へ」と言われていました。

食欲はいつもの半分以下でしたが、水分は少しづつなら飲めていました。
高熱でしたが1日2回座薬を挿すと元気もあり遊んでいました…
けれど、今思えばかなりぐったりしている時間は長かったです…

日曜の夜には遂に41度となり…頭痛、腹痛の訴えも多くなりました。
昨日6月12日、再度受診し…検査。
アデノウイルス&溶連菌は出ませんでした。
炎症反応が高く 、肺炎を疑ってレントゲンをしましたが肺炎はありませんでしてた。

明らかな原因菌は特定できないけれど…抗生剤点滴と栄養補給の必要があり…
入院を勧められましたが…

抗生剤の点滴をしてもらい少しよくなって来ており
帰宅しました。


けれど…帰宅後41、4度の高熱になり意識朦朧。
座薬を挿すと足が痙攣しているようでした。
そして頭が痛いと言いながら寝ました…
寝ているのか意識朦朧なのかよくわからなかったけれど、
明らかにおかしい
受診した小児科の連絡してすぐ来るようにと。
姉も来てくれて…脈を測ってくれたり気道確保してくれたり…

自分の記録ようの内容ですいません。

つづく
続きを読む
posted by ポポママ at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供入院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

まさかの保育園からの呼び出し! 職場復帰初日②

woman-d-04 (2)7.jpg職場復帰初日を迎えた、数日前…。

休職していた、約2ヶ月の間…子供たちはほとんど風邪も引くことがありませんでした…
去年は本当に子供たちの風邪やら入院やらに振り回された一年でしたが…


この2ヶ月は一人が溶連菌にかかっただけで、全くの病気知らずでした。
それなのに…それなのに…

復帰前日に保育園に迎えに行くと
「37.7度の発熱ありました、元気でいたけれど」と申し送りが…
夜は37.1度、復帰当日の朝は36.9度…
そして明らかに食欲もなく、目もむくんでいるような…抱っこ抱っことぐずっている…
何とか、保育園につれていきましたが…

復帰初日の11時に…
「保育園からの連絡です。折り返し電話して下さい」との伝言が…
そして、電話すると…
「39.7度の発熱でぐったりしています」と…

あ~やっぱりね。そうだよね…
調子悪かったもんね…
それなのに…無理やり保育園にあずけてしまったんだよね…

仕事復帰初日…2時間ばかりで帰ってきました。
受診しましたが…インフルエンザも溶連菌もアデノウイルスもなにも検出されず…
ただの風邪?
39.7度の高熱でしたが翌日にはすっかり元気…

母の仕事復帰を感じ取ったのか…
こういうのを知恵熱って言うでしょうか…

そういえば、よく病気なって保育園からお迎えの電話来ていたのも
辛かったんだよな…って思い出しました

けれど、仕事復帰を決めたので…そういったことも含めて乗り越えていかなければ…
と思っています。



posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

娘が泣きながら学校に行っていたと聞いた、職場復帰初日①

woman-d-04 (2)9.jpg仕事復帰に向けて…シュミレーションをすること数日。
仕事復帰の初日。やはり遅刻は出来ないし、したくない。

今までは子どもには、休職していたことは伝えていませんでした。
「小学校に入ったからしばらくママの仕事時間が短くなってるの」とだけ伝え、
出来るだけ仕事復帰後と変わらずの生活を送れるように、児童クラブにも保育園にも
通常通り行っていました。
けれど、仕事のストレスもないので朝に急かしたりイライラは皆無でした。
それが、やはり仕事初日となると…そうもいかずに。

玄関を出る直前にトイレに行く娘。
そしてパーカーのチャックをうまく上げられずにモタモタ…

つい「だから早く準備しなっていったでしょ」的なことを言ってしまいました…
そして娘も何か言い返しましたが、バタバタとお互い家を出たのです。

けれど、その時の様子が気になって…車で娘を追い越すこともできず…
ノロノロと娘について行くような感じに…
車の窓から娘に声をかけても知らん顔でした。


私の母が次の日に娘と話した時…
母「いつも一人でこの道を通ってるの?えらいね
娘「うん、昨日は泣きながら行ったけれどね

そして、前日の朝、私とのやりとりを細かく説明したのでした。
泣きながらだったなんて気が付きませんでした…

仕事復帰を決め、出来るだけ子どもや夫に負担をかけない、そして
私自身も負担をかけないように…と思っていましたが。
初日から、娘には悲しい思いをさせてしまいました。

朝、出かけに喧嘩や怒ったりするのは、罪悪感と何か合ったらとの不安で
いっぱいです。
朝は笑顔でなくても…怒ったりイライラを出さないようにしなくては…と
実感しました。

仕事をしていることで子供たちに寂しい思いはさせたくありません。
一緒にいられる時間は少ないけれど、その時間は楽しくすごしたいです。
そうもばかり言ってられないかもしれませんが…。
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。