2017年08月31日

3才4ヶ月、双子ちゃん歯医者さんデビュー。なぜだがやる気満々の二人。

woman-d-04 (2)5.jpg3才4ヶ月にして歯医者さんデビューした双子息子たち。
元々、二人共反対咬合があり、歯科矯正が必要そうな様子でした。
そして、保育園での歯科検診と3才検診で虫歯を指摘された双子弟…

意を決して歯医者さんに連れていきました。

突然連れて行くと暴れだすこと間違いない…と思っていたので、数日前から
「二人とも…虫歯なったみたいだから歯医者さん行かなきゃね」と伝えていました。

双子兄は
「え~チクンするの?」と心配そう。注射をしない事を伝えると、ニコッと笑い、
「歯医者行くよ」と、何だが行く気満々。
双子弟も
「出来るよ、保育園でやったもん」とこちらもやる気満々。

まずは虫歯のある双子弟から。
しっかり座って、始まる前から口を大きく開けていました。
双子兄は何やら心配そうではあるけれど、周りの機械や他の患者さんが気になるようでキョロキョロ。

そして、双子兄がやるときは、娘がしっかりと手を握っててくれました。
なので安心出来たようです。

結果…双子弟はまだ軽度の虫歯あるけれど、あと2~3年で抜ける歯なので、これ以上進行しないように
丁寧に歯磨きするようにとのこと。兄は虫歯はなし。
そして、心配していた反対咬合…
兄はキレイな歯並びになっているので問題なし、双子弟は今からの矯正もあるけれど、
様子見ということになりました。

反対咬合は、私独自のリハビリによって、兄は正常になりました。
弟については、まだ反対咬合の傾向がありますが、先生からは私のやり方を
続けてみましょうとのこと。
そのうち、反対咬合のリハビリについて記録したいと思います

子ども3人と私だけでの歯医者さん…暴れまわるんじゃないかと心配で娘にもきてもらいました。
娘ちゃん、7才だけど本当に大人一人分くらいのしっかりもの。

そんなこんなで、歯医者デビューが無事に終わりました。
大変だ大変だと思っても、やっぱり少しづつ成長して、大変さの中身も変わってます。
大変さはまだまだあるけれど、この大変さもあと少ししたら、また違う形の大変さに
変わっていることでしょう。
その時、その時で乗り越えられそうな気がしています。




posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

「学校に行きたくない」旦那の見解…

woman-d-04 (2)5.jpg「学校に行きたくない」と言っていた娘。
旦那さんにもそのことを伝えていたら…
旦那さんなりの見解を、ブログに書いていたようでした。
しかも、私と同じような内容で…タイムリに-に書いていてびっくり。

そして、旦那さんが私のブログを見て一言

「俺のブログ見た?パクった?」

何???

旦那さんの不定期なブログ…毎日チェックしていませんから


旦那さんなりの見解…
呼んでみて下さい~

関連記事→旦那さんのブログです



続きを読む
posted by ポポママ at 17:05| Comment(0) | 旦那のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「学校に行きたくない」そんな時、どうしたらいいのか?私の一考察…

woman-d-04 (2)10.jpg子供が「学校に行きたくない」と言われてしまう…
親にとってもとても辛いこと…。
けれど、もっと子供の方が辛いんだと思います。

小学校入学から大きな問題もなく感じて登校していた娘でしたが、
「学校に行きたくない」と言われた時、正直うろたえてしまいました…

これから同じようなことがあるだろうし、そんな時どう寄り添ってあげれば良いのか…
自分なりに振り返ってみます


学校の前で泣いていたやり取りを見ていた、教頭先生に聞いてみました。
「学校に行きたくないって言われたらどうしたらいいのでしょう?」

「よっぽど、疲れているとかよっぽどのことがないり、連れてきてほしい。
休んでしまうと、ますます家のほうが良い、学校行きたくないとなりますから。
で、帰ってきたら『頑張ったね!』とたくさん褒めてあげて下さい」と言われました。

全くその通り…
だけど、そのよっぽどって…どう判断したら良いのか…その時その時で違うし、
その判断が母親の役目であるので、とっても悩ましい…


正直、先日の号泣ぶりだと学校休ませたいって思ってしまいます…
けれど、【学校行きたくない=学校が嫌】 ではないことがよくわかりました。


「学校に行きたくない」という言葉の背景には、違う理由がありました。
その違う理由をまだ説明出来ない、説明したくないのかもしれません。
または、自分でも行きたくないと思っている裏の感情にも
気がついていないのか知れません。

次から対応が出来るためにも、理由が分かれば一番良いと思います。
だけど、理由を知りたいがために、執拗に質問攻めにしてしまうのは逆効果でしょう。
私の場合、ついつい聞きたがってしまうので気をつけなくては…と思いました。
ただ、話をゆっくり聞くことは大切です。
話を聞く…これって以外と難しい…
そして、話してくれた内容を受け入れる、否定しないで受け入れてあげること
大事です。

今回、「学校に行きたくない」と言って泣いていた背景には
「ママと一緒に学校に行きたかった」という気持ちがありました。
学校には一人で行けるようになって欲しい、だけど、一緒に行きたかった気持ちを認めてあげる。
否定してはいけません。
「一緒に行きたかったんだね。」と言うと、はにかんで頷いていました。

だけど、毎日毎日一緒に行けるわけではなので、二人で約束をしました。
その約束をしっかり守ることが、娘との信頼と娘が安心して学校に通える一歩なのかもしれません…
そして、娘の気持ちを否定しないで受け入れる…
簡単なようで難しいけれど、そうすることで娘の自信にもつながるかなと思います・

学校での話をよく聞いたり、家ではストレスなくゆっくり出来る環境を整えるのも私の役目。
時に、本当に休めせなくては行けないような事態がある時は、躊躇なく休ませてもいいかな
…と思っています。

大人は大人の都合で休んだり、辛いことから逃げることが出来ますから…

今日は偉そうな事を書いてしまいましたが…振り返る良い機会になりました

続きを読む
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

通学路で号泣している娘を見つけました…理由は私でした。

woman-d-04 (2)9.jpg昨日、登校時に大号泣していた娘。
帰宅後は元気に過ごしていました。

夕方、担任の先生から電話があり、お話をしました。
教室に入ってからは、落ち着いて授業を受けていたこと、お友達とも楽しそうに
遊んでいたこと。そして、何より心配そうだった国語の発表も上手に出来ていたとのことでした。

今回のことは一つのことが原因ではなくていろんなことが複合して、泣いてしまい、
学校に行きたくないという表現にななったのでは…との事でした。

こういう場合、子供と話をしたほうが良いのか…
元気にしているからそっとしておけばいいいのか…
悩みましたが、何もなかったようにするよりは、ちゃんと話したほうが良いと思いました。
そして、ママがとっても心配していたことも伝えなければと…

ママ「朝、学校ついてから大丈夫だった?」
娘「大丈夫」
ママ「良かった。心配したよ。何か嫌なことあった?」
娘「わかんない」
ママ「そっか、わかんないよね。発表嫌だった?」
娘「違う」

…はっきりと発表ではないと言った娘。
じゃあ、やっぱり一人で登校したことだと思いました


ママ「一緒に行けなくてごめんね、寂しかったね」
娘「そうだね。けど、学校行ったら泣き止んだよ」
「ママ、まだその話する?先生にもする?」

と聞かれたので、まずは寂しいかっよね、と伝え、一緒に行くのに行けなくてごめんねと誤りました。
そして、1年生終わることまでには一人で学校に行けることが目標であること。
それまでは従姉妹のお兄ちゃんと行ったり、ママが可能な限りお見送りをすること。
を伝えました。

しっかりしているといってもまだまだ寂しい気持ちがいっぱいだったのだと思いました。
しっかりしてるのだって、下に双子の弟がいるからたくさん我慢してのしっかりした娘なのです。
だから、娘との約束や娘が寂しくないようにもっともっと、気をつけるべきでした。

夜、「ママ、足マッサージして」と、甘えてくれたので、たっぷりとマッサージをしました。
普段なら、双子兄弟も「俺も、もっと、最初に」って言うところ、お姉ちゃんが泣いていたのを
見ていたからか、何も言わず、隣で横になっているだけでした。


昨日の出来事で感じたこと。
出来ない約束はしてはいけない。
けれど、どうしても約束して出来ない時はしっかりと理由を伝える、
出来る範囲でフォローをしていくことが大切だと思いました。

子供にとって、母親と離れるということは、とっても大きな壁。
その壁を乗り越えるには時間もかかるし、経験も必要です。
経験をつんで、時間がたてばどうってことのないことでも、今はまだ初めての経験だらけなので
親子ともに乗り越えられるよう、試行錯誤していきます
超えられない壁はない

ブロ村登録しています。
応援ポチして頂けるとうれしいです(•ө•)♡




続きを読む
posted by ポポママ at 06:00| Comment(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

通学路で号泣している娘を見つけました…新学期が始まって1週間。

woman-d-04 (2)9.jpg二学期から、鍵を持って一人で登校し始めた娘。

今日は…双子兄が発熱して、私は仕事をお休みして病院につれていくため、
朝は、娘のほうが早くに家を出ました。

新学期が始まる前から…学校行きたくないなって言うようになっていたけれど、
いざ新学期が始まるといつものように登校していました。
そして、今朝も登校した時は、行きたがらないような様子は無かったと思います…

…思いますというのも、娘の顔をみて「行ってらっしゃい」と行っていなかったことに
気が付きました…

娘が家を出て…10分位後に双子を車に乗せて家を出ました。
家を出て300メートル位のところで、後ろを振り返り、振り返りしている娘の姿が…
近づくと…目を真っ赤にして大粒の涙がポロポロ…
びっくりして、車から降りました…
甥っ子の家が目の前だったので甥っ子と一緒に行こうと行っても、泣きじゃくるだけ…
双子を私の姉に預けて…歩いて学校まで行きました。

校門の前まで行きましたがそれ以上は進めません。
話を聞いても、自分でも何が嫌なの分からない様子…
10分以上は校門の前で泣いていました。

担任の先生が来てくれて、どうにか教室に入ることが出来た娘。

娘が発した言葉は
「行きたくない」と一言だけ。

夏休み前から行きたくないとは行っていたけれど、こんなに号泣するなんて…
思い当たることは2つ

1つ目は、国語の授業で発表する「夏休みの思い出」
思い出の絵を書いて、それをもとに発表するのですが…
土日で完成させて、練習していた娘。
だけど、それが少し不安になっていたのかもしれません…

2つ目は、弟が熱を出して病院に行くから、ママと一緒に学校に行けると思っていたのが…
一人で行くことになってしまったから。

あとは、土日で遊び疲れたのか、夏休み明けの疲れなのか…
いろんなことが絡み合っての涙で本人もよくわかっていないかもしれませんが、
とにかく、号泣するほどの心の葛藤があったのです。

これといった理由はわからないけれど、これかな、あれかなと思いを巡らせ…
母親としては不安もありますが、信じて送り出すしかありません…。

ヤキモキしながら帰宅を待ちました。

「ただいま~うまく発表できたよ」と抱きついていて帰宅した娘。
朝の号泣の原因は定かではないけれど、今、こうして笑顔で帰ってきた娘がいることに
不安も吹き飛びました。

こうして、娘も私も成長していくんだなって思いました。


続きを読む
posted by ポポママ at 18:54| Comment(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

娘の7才の誕生日。最近の私と娘。

woman-d-04 (2)8.jpg娘が7才になりました
愛おしい娘が生まれてもう7年、あっという間です。

最近の娘と私は、ちょっとの時間があれば一緒にお買い物に行っています。
前までは食材の買い出しでしたが、最近はショッピングモールやコストコなど普通に
買い物相手として一緒に行動しています。
会話も私の姉や母はとする会話と何ら変わらない…女の子って7才といっても、同等と言った感じです。
時にケンカもするし、ズバッと鋭い指摘もされたり…

よく姉妹のような親子っていますが、我が家もそんな関係かもしれません。

娘は家にいることや家族で過ごすことが大好きで、ちょっと引っ込み思案もあるけれど、
しっかりものでよく周りのことを見ています。

「ママはうっかり者、私はしっかり者~」と、私のことも見抜いています


これからどんどん成長していく娘達。
あっという間の育児、辛いことも楽しいこともともに経験していきたいです。

7才のお誕生日おめでとう


posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

腹痛の私に優しくしてくれた双子弟の行動に感動

woman-d-04 (2)0.jpg夜、お腹が痛くて…ソファに横になっていました。
すると、双子弟が近寄ってきて
「ママ、足痛い?」と聞いてくるのです。
「マッサージしてあげる」と足をスリスリしてくれました。
そして、また「ママ、お腹痛い?」と聞いて、お腹もマッサージをしてくれたのです。

小さい手で優しくマッサージをしてくれて、くすぐったいやら嬉しいやらで。
「とっても気持ちいいよ。ありがとう」と伝えると
「僕も気持ちいい。治った?」と心配してくれました。

人に優しくされるのって嬉しいものですね。
言葉で大丈夫と言われるだけでなく、辛いところをさすってくれるって
薬よりも効果があるものだと感じました。

私も子供たちに出来ているかな。
ちょっと痛い痛いって言ってもちらっと見ただけで済ませていないかな。
本当に痛くなくても、心が弱っていることもあるかも。
もっと抱きしめて、心もいっぱいなでてあげなくては…

お腹が痛くて何もできなかった昨晩。
珍しく旦那さんが8時に帰宅して、子供たちにオレンジを切ってくれたり、
台所も洗濯物もキレイにしてくました。

言葉はなくとも嬉しかったです。

体調を崩すのも悪くないかもね。



posted by ポポママ at 12:12| Comment(0) | 双子保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

娘の朝顔…過保護も良くない

woman-d-04 (2)10.jpg娘の朝顔…
夏休みの間、大事に大事に水やりをしていた娘。
朝起きたら、朝顔を見に行きお水を上げていました。
真夏日が続けば、「あさちゃん、あつすぎて可哀想」と自ら日陰に避難させていました。
そして、せっせと水やり。

中々咲かなかったけれど、朝顔はキレイに咲きました。

旦那さんが朝顔が咲いて感動したとブログに書いていました。

夏休み中休みなくお世話をしていました…

けれど、最近の朝顔の様子がちょっと変だったのです。
お花はキレイに咲くけれど、どんどん葉っぱが黄色くなって来ました。

どうやら、根腐れを起こしているようです。
さて、どうしたら良いものか?

一生懸命に育てすぎたのでしょう。
水加減が多かったのかな。

子育ても同じような気がします。
過保護すぎても強く育たたない。

一生懸命に頑張った娘にとっては可哀想ではあるけれど、
頑張っていたことは認めて、過保護ではなくて力強く行きられる術をみつけられる…
そんな育児を目指したいです。



posted by ポポママ at 06:00| Comment(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

異性から…「無理すんなって」と言われて心癒されたお話

woman-d-04 (2)8.jpg日々、育児に仕事に家事にとクタクタな時。
素敵な異性から「無理すんなって」と言われたら、キュンとしちゃいますよね。

そんな事、ドラマの中って思っていたけれど、
先日、私も言われっちゃったんです



小学5年生の甥っ子から


夕食前に甥っ子が遊びに来て、3才の双子に娘相手に遊んでくれていました。
夕飯の準備をして、ご飯を食べさせて、お風呂に入れて…
夕飯の後片付けに翌朝の準備とクタクタだった時、双子兄が
「オレンジ切って、オレンジ、オレンジ」って言い出したんです。
疲れ果ててたのと、食事の前にオレンジたくさん食べていたし、
「ママ、疲れたから明日。今日はもうおしまい」って言っても、
だんだんぐずってくるし…

すると甥っ子が息子が持ってきたオレンジを隠してしまったんです。
私が「いいよ、切るから。頂戴」っていっても甥っ子は首を横に振るだけ。
息子はとってもぐずってたけれど、甥っ子は息子に
「ママ疲れてるんだって」と言ってくれていました。

そして、私が「いいよ、みんなで食べよ」と言うと

「無理すんなって」と労ってくれました


甥っ子はとっても優しくて、双子にも大人気。
いつも全力で遊んでくれています。

そんな甥っ子から癒される優しい言葉、
きっと将来息子たちからも言ってもらえるのかなってウキウキしながら、
みんなでたっぷりオレンジを食べました。


続きを読む
posted by ポポママ at 14:56| Comment(0) | 共働き主婦の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

頑張った娘。夏休みまとめ。

woman-d-04 (2)0.jpg娘の夏休みが終わりました。
今日から学校です。

娘との夏休みを振り返ります。

夏休みに入ってすぐ、
娘が「夏休みにやること、やりたいことを書く」とノートにたくさん書き出していました。

【やること】
宿題 自由研究 自転車の練習 お手伝い

【やりたいこと】
絵画コンクールに出す
美術館に行く


夏休みの宿題は夏休み開始2日で終わらせていました。
そして、朝顔の観察日記2枚と絵日記2枚もしっかりと予定をたて、終わらせていました。
自由研究も8月に入ったらすぐにアイディアを出し合って二人で完成させました。

鍵をもって20分程ですがお留守番をして、児童クラブにも通いました。

私と違って、計画を立て実行出来る娘…
本当に頑張りました。

やりたいことの絵画コンクールは…出そうと思って描き始めましたが…思うように描けず…
書き上げることは出来ませんでした。
美術館は夏休みが終わってから、【ゴッホ展】があるようなので行く予定です。

親戚たちとのBBQや実家へのお泊り、パパと夏祭りに行ったり、楽しめたよう。

けれど、今日からの学校…
数日前から行きたくないと言って、今朝はメソメソ泣いていました…。

明日からげんきに行けるか…心配だけれど。
楽しく夏休みを過ごし頑張った娘でした。

続きを読む
posted by ポポママ at 14:26| Comment(0) | 娘小学校1年~2年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。