初の授業参観  コミュニケーションの始まりは挨拶からだと実感。

woman-d-04 (2)0.jpg昨日は、小学校に入学したばかりの娘の授業参観でした。

授業は、「どうぞ、よろしく」
事前に自分の名前、好きなことを書いたカードを持って、音楽に合わせて
自由に動き回り、音楽が終わったら、近くの人とそのカード交換をするというもの。

クラスは30人以上もいるし、知っているお友達が一人もいなくの小学校生活スタートだったので、
名前を覚えたお友達は3~4人ほど。
授業を通しての友達作りって感じでした

娘の様子を見ていると…
音楽が流れているときは、ニコニコでよく動き回っています。音楽を止まると…
一番近いお友達に声をかけようとするけれど、なかなか声をかけられません
5人とやって、ほとんどがお友達から声をかけてもらって、カード交換となっていました。
終始笑顔の娘

コミュニケーションって難しいようで、挨拶一つで始まるんだなって思いました。
そして、常に笑顔でいるってことも大切だなって思いました。

帰り際、「じゃあね、ママ。」と、お友達とさっさと帰っていった娘。
児童会館に迎えに行ったときは、昨日とは打って変わっての笑顔。
一輪車の練習が出来たようです。

本当に、本当に子どもってすごいな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449156583
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック