2019年01月21日

娘の冬休みが終わりました。娘の冬休みを振り返る。

小学2年生の娘の冬休み、昨日で終わりました。
今日から始業式です。
昨日はちょっとバタバタ準備をしましたが、それでもほとんど一人でコツコツやっていた娘には
頭が下がる思いです


今年の冬休み、年末年始は家族がバラバラに過ごしていました。
双子弟たちの扁桃腺・アデノイド摘出手術のための入院があったからです。

12月25日から冬休み、それと同時に私と双子弟たちは入院。
入院前日は自宅でクリスマスパーティーもしてサンタさんも来ました。
26日から私の実家で5日間過ごしていました。
その間に自由研究のマスコット作り、お祖母ちゃんと一緒に終わっていました。
とってもかわいらしい、5個のマスコット。
針を使わせたことがなかったけれど、洋裁好きのお祖母ちゃんと一緒に教えてもらって
一生懸命作ったようです。以外に細かいこと、手先が器用な娘。

20190121_092223.jpg20190121_092055.jpg

いつの間にか針も使えるようになっていました。
そして、おじいちゃんからは特別にリカちゃん人形のお友達を買ってもらったり、
毎日大好きなごはんもたくさん食べていたようです。

そして、31日からはパパと旦那さんの実家へ。
そこでもまたおいしものをたくさん食べておじいちゃんともたくさん遊んだようです。

そうこうしているうちに、双子たちが退院しましたが、娘にとって双子がいない生活は
それなりにストレスともなく自由に遊べていたようです。
いつも、双子のわがままや年の違いから我慢することもあるので、この2週間はとっても
ストレスがなかったようで私も安心しました。
寂しがることも一切なかったようで~

いつもは私も仕事があるので児童会館ですごしている冬休みですが、今年の冬休みは数えるほど
しか行っていません。
学校のお友達と遊ぶことはなかったけれど、退院した弟たちとは外遊びをしたりと仲良く過ごして
いました。

20190113_112029.jpg

そして、今日。
無事に学校に行きました。
親にとっても冬休みはそれなりに大変。児童クラブに行くときはお弁当も必要だし、
宿題の確認も大変。
今年は、クラブのお弁当は姉にお願いしたり、最終の宿題採点はパパがやってくれて
私は少し楽をしていました。

そして、針が使えるようになって何でも一人でできることが増えている娘。
頼もしい存在です。

そんなこんなで、冬休みも終わり、あっという間に3年生。
早いな~~~。









posted by ポポママ at 09:52| Comment(0) | 娘保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

自分で食べない…双子弟の食事は甘えたいところ。

woman-d-04 (2)7.jpg双子弟…食事が進みません。
ご飯は食べるには食べるけれど…ほとんど、いや毎食…
「ママ~あ~んして」と、お皿を持ってやってきます…

双子兄や娘はモリモリ自分で食べていますが…弟はほとんど、自分では食べません。
食べ始めは順調でも、数口でお皿を持ってきます。

それも、弟の甘えの一つと思って、食べさせています。
ただ、それも毎食毎食となると…ちょっとうんざり

けれど、「今、ママも食べてるから、頑張って自分で食べようか」と言ってみても、
プイっと食べるのを辞めてしまいます。

兄よりも食が細く、体も小さめ。
ついつい、食べてもらいたい気持ちもあって、ほぼ毎食食べさせています…


保育園ではもちろんそんなこともなく、しっかり食べているし、娘の児童クラブでの
夕飯の時もしっかり食べていました。


弟の甘えたいところなんだなあ~と思ってもうしばらくは頑張ってみようと思います。

posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | 娘保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

保育園最終日。娘の号泣。

woman-d-04 (2)9.jpg3月31日は保育園最終日。卒園式ではまったく泣かなかった娘だけれど、
数日前から「もう保育園いけなくなっちゃう」と寂しそう。

最終日にお迎えに行くと、泣いている女の子たちがちらほら。
その姿をみて何故か私もうるうる。
娘は「早く帰ろう」とどんどん私を引っ張ります。
友達が名残惜しそうにしているから「最後バイバイしたら?」というと、
振り向いた目には涙がいっぱい。
玄関では、大好きな先生からもらった手紙を読みながら大号泣していました。

その、先生も退職最終日。保育園の方針で退職することは一切教えてもらえません。
31日のお便りで初めて知るのですが…親たちも困惑です。
とっても信頼している先生が辞めることを辞めた後に知ってショックを受けます。
人との別れはやはり、しっかりお別れをすることで、心の整理がつくのではないでしょうか。

娘が入園した時は、1才なってすぐ。
保育園に慣れるまでは3週間位かかりました。
毎朝、大号泣して私もうるうるして。
その時先生に言われたのは
「お母さんはすっと仕事に言って下さい。そのほうが子どもも気持ちが切り替わります」
その通りだなって思いました。
ママがいつまでもメソメソしてたり落ち込んでいたら子どもにだって影響あります。

だから、私もいつもの元気いっぱいのままに戻らなくては。
続きを読む
posted by ポポママ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

娘と通学路の確認をしました。

woman-d-04 (2)0.jpgやっと、娘と小学校までの通学路を一緒に歩きました。
ゆっくり歩いて、15分ほど。

まずは従兄弟の家に行って、従兄弟と一緒に通学する予定です。
従兄弟は今年5年生。
従兄弟の家までは約10分。

「離れて歩いて、一人で行ける!」とスタスタと歩いていきます。
十字路ではしっかり、右を見て左を見て…自転車が来れば止まっています。
足取りは軽やかで、後ろ姿も生き生きしています

そんな姿を見てながら、一人メソメソしている私です。
メソメソというか、嬉しいのとこんな大事な時にしっかり出来ない自分のはがゆさ。

仕事をお休みさせてもらっているから、出来ているけれどこれで仕事に行っていたら、
どうなっていたのか…
考えただけでおそろしい。

共働きで働いているママはたくさんいるし、職場の人だってたくさんいます。
準備もままならなく気持ちも落ち込んで…
一体なにをやっていたんでしょう。

入学準備は一通り終わりました。
それも、親に手伝いに来てもらいながらやっと…。

とにかく、通学路の確認が出来て良かった…。

posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

娘の言葉はいつでも本質をついている。

woman-d-04 (2)0.jpg最近、つらい気持ちでいる私です。
旦那さんと話しても、イライラするし時には辛くて涙が出てしまうことも…。

5人で出かけた車中…

私「最近、ママ怒ったりしてるよね?どうしたいいかな」
娘「え、怒っていいんじゃない?」

私「部屋も散らかってるしね」
娘「別にいいんじゃない?」

私「パパも優しくしてくれないし」
娘「優しくしなくてもいいんじゃない?」

私「パパ、仕事忙しくて辞めたいんだって」
娘「やめればいいんじゃない」

私「でも、お金なくなっちゃうよ」
娘「そしたら、少し休んでまた仕事すればいいよ」

娘の言葉…特にどうってことない会話のようですが…私達夫婦にとっては
とっても救いになりました。

ありのままで良いんだってこと。

いろんなつらいことや悲しいこと、出来ないことあっても、それもみんなありのままで
いいんだってこと。
泣きたければ泣けばいいし、悲しくて辛ければ、落ち込んだって良い。
そしてまた、笑顔になればいい。
娘はそう言ってくれているようでした
posted by ポポママ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘保育園時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。